読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここは鉄板、ゴールドシップ。

 ポルトド-トウィユの敗戦は、エアグルーヴの牝系らしい負け方だった。
 これが予想できたから複勝馬券だったのだが、流石に、皐月賞権利取り失敗をするとは、想定していなかった。
 京都新聞杯から日本ダービーを目指すとか、そんな臨戦過程になるのかも知れぬ。

 三日間連続開催は競馬を休むマイルールがあるので、阪神ダ衣装店もとい阪神大賞典の予想は久々なんである。
 ATOK先生も、カナ漢字変換を間違えるほどだ。
 ここは、ゴールドシップの同一レース三連覇を期待する。
 理屈ではなく、思い入れなのだ。
 ◎ゴールドシップ
 単勝

 二歳GI馬ダノンプラチナとリアルスティール、有力両頭とも、“何が何でも勝つ必要”はないレースである。
 小回りコースは初チャレンジだし、不安要素満載だ。
 ここは、馬券を買って見ておくだけ,思い入れは要らぬレースと思う。
 内枠の方を買う。
 ○リアルスティール
 複勝

  • その他

 阪神5R-◎トワエモア
  前走が、“先週の結果分析”タイムランクA勝ち。
  ダート1200mベストで、ここは勝ち負け。
  単勝
 中山10R-○メイショウノーベル
  ダート1200mベストの馬。
  前走の敗戦は1400mでのモノで、気に病む必要は無い。
  複勝