競馬成績

検討中。

検討中。

検討中。

検討中。

検討中。

検討中。

検討中

検討中。

検討中。

検討中。

キングマンボに捧ぐ。

先週のレースの結果はさておき... キングマンボが、安楽死処分となったそうである。 日本競馬に於いては、初年度産駒のエルコンドルパサー(My POG馬だった)やキングカメハメハの父であり、多大な影響があったと言わざるを得ない。 サンデーサイレンス系だ…

検討中。

検討中。

検討中。

検討中。

検討中。

検討中。

検討中

検討中。

検討中。

検討中。

検討中

検討中

検討中

検討中

検討中

検討中

検討中

検討中

検討中

検討中

ヴェンジェンスは、性能が違う。

もう、ダート短距離では、そうしか言えない勝ち方だった。 ゲートは五分ぐらいだったが、圧倒的スピードで、鞍上はちょっと追っただけだ。 二歳ダート路線は上が詰まる傾向にあるから、次は楽に勝たせてもらえぬかも知れない。 それでも、マークくらいはして…

検討中

検討中

検討中

検討中

スゲーもん見たw

いや、新潟2歳ステークスのロードクエストは、そうとしか書きようがない。 あの馬場の悪いウチをすくって伸びてくる形は、皐月賞のゴールドシップを彷彿。 そして、新潟の長い直線とは言え、鞍上がほとんど何もせずにアレである。 末恐ろしいものだ。

検討中

検討中

検討中

検討中

検討中

検討中

検討中

検討中

検討中

検討中

検討中

検討中

今週末の予想は(一部を除いて)お休み。

なんである。 ひと開催に一回のお休みとしようと思っていたのだが、ユニコーンステークスだけは買いたいんだっ! ...ということで、土曜日の晩にお会いしましょう。

検討中

検討中

ドゥラメンテは、勝って当然。

まあ、リアルスティールに故障が判明したのは残念だったが、それはなくとも勝てただろう。 もう少し“圧倒的な差”を東京コースなら見せてくれると想像していたんで、実は案外でもあった。 それにしても、馬券になった馬の鞍上にJRA生え抜きが一人もいないって…

やはり、距離か...

レッツゴードンキの失速を振り返ると、そう考えざるを得ない。 前に行った組に勝ち目がない展開でもあったが、もう少し上位に踏ん張った先行馬もいるのだ。 ルージュバックはまたもGIを落としたが、今回は取ったコースの差。 現在の東京コースはインベタがセ…

検討中

検討中

検討中

検討中

検討中

検討中

検討中

検討中

検討中

検討中

検討中

検討中

検討中

検討中

流石に、強気に乗りすぎ。

アジアンテーストの敗戦を見て、そう思うのだ。 確かに、図抜けて強い馬であるが、サッとゲートを出たならば、それなりの対処をしたい。 遅れて出てきた馬を待ったあげく、ドッと集団が来て、外外と回らされては、いくら強くても話にならんのだ。 最近は、全…

後藤の怨念(んなわけない。

その前に、今週末はひと開催に一回の予想をお休みする脩もとい週とするのだ。 んー。 不勉強で、ダイワレジェンドは後藤から乗り替わっていたと走らなかった。 そんなことは知らないで書いた前振りだったのだ。 それは兎も角、かつての中の人の日刊競馬POG指…

考え中

考え中

ただつかまっているだけで良かったのに。

ドゥラメンテは好スタートを切ったのが仇となり、掛かり気味に行って鞍上と喧嘩。 ここで外国人騎手なら事も無げに押さえ込んでためをきかせられたのだろうが、そこは石橋脩。 これは、次走乗り替わりであろう。 この三歳馬から、重賞が増えているため、二着…

圧倒的だったドゥラメンテ。

事後の書き込みになるのだが、今週末の予想は、ひと開催に一回のお休みなんである。 で、ドゥラメンテなんだが、なんか、圧倒的だった。 これはもう、重賞に手が届く程度ではなく、完全に勝つでだろう。 あとは、どこに使ってくるかだ。 毎日杯なら、圧倒だ…

ナムラビクターは調子落ちだったかも。

兎に角、手応えが怪しくなるのが早すぎた。 鞍上がどうにかするレベルではなかったと推察する。 勝ち馬のコパノリッキーに関しては、普通にゲートを出てくれれば“あんなモノだろう”。 そう考えると、フェブラリーステークスは、非常に有力な一頭で、初の連覇…

力が足りなかったと思っていたが。

レースを見直してみると、クラージュシチーは直線で行き場を失っている。 内枠が災いして、この競馬しか選択肢がなかったと思うが、この運のなさは引きずるかも知れぬ。 競馬とは、案外そんなものなのであった。

行き場所も、力もなかった。

その前に、今週末のレース予想は、ひと開催に一回のお休みなのである。 既にご承知の方もおられようが、中の人は“連続三日間開催”を忌避しているので、この場合、自動的にここが休みとなるのである。 で、フルーキーなんだが、好位内で立ち回ったのは正解だ…

赤っ恥。

あの文脈で書いておいて、有馬記念もホープフルステークスもディープインパクト産駒が勝利してしまうなど、エライ赤っ恥である。 言い訳をさせてもらえるならば、折角好スタートを切ったにもかかわらず、ゴールドシップの位置を下げるって、結果論ではなく岩…

日曜は、風邪で予想を休みました。

GIレースは、見たけれど。 一頭しかいなかったディープインパクト産駒が切れただけで、他は有象無象って印象。 桜花賞までには、まだ有力とされる馬が出てくるのではないだろうか? それにしても、二週連続でいちばん人気馬が出遅れることなんて、あるんだね…

想定外の展開。

まさか、コパノリッキーがスタートで安めは想定していなかった。 馬券を買ったナムラビクターはキチンと走っていたんだが、他に予想しない馬の動きがあって、馬券的には難しい競馬だった。 これは、当たったのが“運は良かった”としか思えない。 そんな結果で…

狙い撃ち。

ラキシスは、計算通り走ったと言うことであろう。 オールカマーが栗東に近い新潟で行われたため、そこから逆算してエリザベス女王杯を狙い撃つことが出来た。 コイツは、角居厩舎のファインプレー以外の何物でもない。 今年限定で可能だった臨戦過程を、120%…

普通に乗られたら、確勝級なのだけれど。

メイショウイチオシが勝利したのは、鞍上武幸四郎だけに、事故なのである。 だから、“単勝を購入していれば...”などと、口が裂けても言えないのだった。