読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

叩いて上昇、アオイスカーレット。

 クインズウィンダムは、勝てるのなら、もう少し楽だと思っていたんだが...
明日の狙い(京都4R)
 アオイスカーレットは、前走がデビュー戦。
 それを、“先週の結果分析”タイムランクAの6馬身差2着で走った。
 このレースの相手か関係,叩いての上昇度を勘案すれば、ここは勝ち負けだ。
 ◎アオイスカーレット
 単勝
明日の重賞(東京11Rーオークス
 桜花賞組からは800mの距離延長となるが、そもそもオークスが800mの助走+1600mの競争になることも多い。
 今回のメンバーでは引っ張る馬がおらず、スタミナ勝負にはなりにくそうだとの読みもある。
 切れ味なら、トライアルでいいところ見せたモズカッチャンに魅力があるが、頻繁に出遅れる馬が本番で最内枠。
 高い確率でやらかしそうな“出遅れ”に対する代償が、あまりに大きすぎる。
 34秒台前半の上がり最速に近いところで走れる馬、この条件を健闘すると、案外絞れるのだった。
 ◎ソウルスターリング
 単勝

 これも、本命と同じ条件からあぶり出されるのが、実は上で消したモズカッチャンだ。
 差して届かずを想定し、相手ならいいかと。
 馬連、モズカッチャンーソウルスターリング

  • その他 

 京都10Rー◎サンライズノヴァ
  少頭数でこのメンバーなら、なんとかなるだろう。
  多頭数になると捌きにくい印象があり、そういう意味でクラス再編前のここが勝機でもあるかと。
  単勝
 東京8Rー○コロマンデル
  前走はゲートが甘く、その煽りで4欠く外を回った分、凄い脚を使いつつも2着。
  キチンと走れれば...と思わされるが、“何か”が毎度起こってしまうのが、この馬の体質だ。
  その力量を認めつつも、勝ち負けとまでは言いがたい。
  複勝

平安ステークスは、混戦。

明日の狙い(東京6R)
 クインズウィンダムは、前走が“先週の結果分析”タイムランクAの1+1 1/4馬身差2着。
 自身も完全タイム差マイナスで走っている。
 また、前々走は同じコースを“次走も同じコースなら勝てそう”な印象を与える勝ち方をしていた。
 ここは、素直のに勝ち負けだ。
 ◎クインズウィンダム
 単勝
明日の重賞(京都11Rー平安ステークス
 前走時に、期待しつつ馬券を買わなかった、ロンドンタウンを。
 メンバー構成から、差し有利と思われ、有力な馬の中ではチャンス大きそうだ。
 混戦だが、ここを読み切れれば、ダート重賞路線は少し整理出来るのではないかと。
 ○ロンドンタウン
 複勝

  • その他

 東京10Rー◎モンドアルジェンテ
  前走は、ゲートが悪く、結果、終始外回ったことが敗因。
  普通に出れば、勝ち負けのハズだ。
  単勝。 
 東京11Rー○アストラエンブレム
  現時点の性能は、他の馬よりひとつ上。
  ハンデも、案外背負っていない。
  複勝

そろそろクルだろう、ミセスワタナベ。

 京王杯スプリングカップは、グランシルクの方がマシだったと言う結果。
 まァ、賞金は加算出来ずに、変わらず微妙ではあったが...
明日の狙い(東京6R)
 ミセスワタナベは、前走も結構弾けたのだが、及ばずの2着。
 これだけ好走が続いていれば、そろそろ順番かと。
 ◎ミセスワタナベ
 単勝
明日の重賞(東京11Rーヴィクトリアマイル
 ミッキークイーンの“格が上”と言う印象。
 昨年のように高速馬場となり、短距離寄りのレースが展開されそうなら変わってくるが、この雨では...
 不安要素は、鞍上が“下手をする可能性が高い”ことくらいでしょう。
 ◎ミッキークイーン
 単勝

 “短距離寄りでない”レースを予想すると、調子上向きもレッツゴードンキでなない。
 むしろ、ココでは距離短いと思われるくらいの、スマートレイアーかと。
 ちょっと間隔空いたことが気がかりだが、この馬に関しては使うとダメってこともある。
 馬連スマートレイアーミッキークイーン

  • その他

 京都11Rー○サイタスリーレッド
  コウエイエンブレムが強いことはわかっているが、57.5kg背負うダート短距離のハンデ戦でどうか?
  コレを勝ち切ってしまうようだと、逆にこの条件で敵なしになってしまう。
  ここは、昇級初戦でもサイタスリーレッド。
  大名マークから楽々差し切った前走が、印象的。
  54kgなら、圏内に食い込める可能性高そうだ。
  複勝。 
 東京10Rー○サノサマー
  前走の余裕ある勝ちっぷり。
  メンバーが弱化しているとは思うが、これだけで、ここも圏内と思える。
  たぶん、ここに来てシッカリ地力UPしてきたのだろう。
  複勝

グランシルクに期待感あれど...

明日の狙い(東京7R)
 ショウナンアンセムは、5ヶ月休を挟みながら、“先週の結果分析”タイムランクBの1 1/2馬身差2着。
 叩いた上積み込みで、今回も圏内と踏む。
 ○ショウナンアンセム
 複勝
明日の重賞(東京11Rー京王杯スプリングカップ
 期待感あれど、ちょっとここ(重賞)で壁に当たった印象。
 ここは、マイル重賞で掛かり気味だった、キャンベルジュニアを。
 距離短縮は、それ故に対応してくると踏んだ。
 ○キャンベルジュニア
 複勝

  • その他

 東京12Rー◎シュナウザー
  前走は、多少の展開利あったとは思うが、好内容の2着。
  今度は、勝ちを意識していいだろう。
  このメンバーなら、勝てると踏んだ。
  単勝。 
 新潟7Rー○ライムチャン
  前走は、単勝を購入して失敗。
  力あっても、勝ち味に遅いタイプなんだろう。
  複勝

桜花賞の本命を再度指名なのだ。

 ダイワキャグニー、勝つには勝ったが、ふらついたり内に突っ込んだり、御しがたいところを見せてくれた (´・ω・`)
 ちゃんと走るのは、かなり先になるのだろう。
明日の狙い(京都10R)
 オールマンリバーは毎度力がある“らしい”所はみせるものの、勝ちきれない。
 そういう+αがないと勝ちきれない馬は、頭を避けるに限る。
 ○オールマンリバー
 複勝
明日の重賞(東京11RーNHKマイルカップ
 まさか、桜花賞で打った自分の本命がここで役立つとは思わなかった。
 カラクレナイは、マイル前後でいい脚をを使えるタイプ。
 桜花賞4着の看板は、このメンバー構成なら大威張りの実績だ。
 問題は、ゴールデンウィーク帰省ラッシュに当たってしまう東上(しかも初)がどう出るか?だ。
 ◎カラクレナイ
 単勝

 ことしのスプリングステークスのレベルで10着だと、普通、ここでは悲観的になってしまう。
 ただ、モンドキャンノに関しては、距離が長かったであろうことが想像され、巻き返してくるならココか。
 高かったとは言えない、朝日杯フューチュリティステークスではあるが、そこで2着は、一応マイルの実績。
 カラクレナイの相手候補として、相応しいと考えた。
 馬連モンドキャンノーカラクレナイ

  • その他

 京都6Rー◎グラップユアコート
  約一年ぶりの前走で、“先週の結果分析”タイムランクBの1 1/4馬身差2着。
  かつての実績から、二走ボケがないかぎり、叩いた今回はだいたい勝てるかと。
  単勝。 
 東京5Rー○ブライトンロック
  前走は、“先週の結果分析”タイムランクの1 1/2+3/4+3/4馬身差4着。
  好位から上手に立ち回ったが、高レベルのレースで着順落とした。
  距離短縮もプラス。
  オーサムバローズが、他では有力。
  決して弱くないメンバーがいるので、頭とは書きにくい。
  複勝