クラブの期待馬、グランシルクに注目。

 今日は、スキップトレースを観に行ったため、レースはまだ見ていない中の人である。
 こんばんは。

  • 明日の狙い阪神7R)

 グラップユアコートは、前走が“先週の結果分析”タイムランクAの4馬身差2着。
 ここでは大威張りの馬だが、鞍上が福永祐一では勝ちきれるかが微妙。
 ○グラップユアコート
 複勝

  • 明日の重賞(中山11Rー京成杯オータムハンデ)

 差し脚確かで、そうハンデを背負わされていない、グランシルク。
 多頭数でこのコース形態故、紛れあること否めないが、それでも有力。
 ○グランシルク
 複勝

  • その他

 阪神9Rー◎ディーズプラネット
  全素意のハンデ戦で、牝馬の56kgは重かった。
  愚通に巻き返してくる。
  単勝
 阪神12Rー○エンヴァール
  出色の切れ味を、前走で披露。
  ここは勝ち負けの実力馬だが、鞍上が福永祐一に乗り替わるのは、マイナス。
  複勝

ネコの次はウサギ。

 野芝でも、中山2000mではハービンジャー産駒。
 更に真面目に書くと、ディアドラはオークス最先着馬。
 重賞になって、実績馬が実績通り走るレース。
 あまり関係なさそうだが、ディアドラはオークスで上がり最速を繰り出していて、末脚も確か。
 ◎ディアドラ
 単勝

  • その他

 阪神1Rー◎ビッグスモーキー
  初出走の前走が、“先週の結果分析”タイムランクBの7馬身差2着。
  同じだけ走れれば、未勝利脱出可能かとの見立てと言うことだ(伝聞
  単勝
 阪神12Rー○エアウインザー
  古馬との対戦になって、芝2000mは少し長いとの見立てを聞くし、自分もそう思う。
  このメンバーならと思わせるが、そこはそういう性質(たち)かも知れぬ。
  複勝
 中山5Rー○ウサギノダンス
  桐谷茂氏の所有馬としては珍しい、流行の種牡馬スクリーンヒーロー)。
  冠号を“ネコ”から“ウサギ”に変えてきたくらい(笑)、気合い入っているかと。
  調教はいいらしい。
  複勝

好走条件揃った、ゴールドハット。

 モレイラを乗せても、2着の競馬になってしまうのは、クィーンズベストの性なんだろうなぁ。
 バイタルフォースに関しては、あまりに“読み通りの2着”だったでの、開いた口がふさがらないw

  • 明日の狙い(小倉7R)

 ゴールドハットの前走は、2ヶ月半ぶりの実戦のせいか、道中かかってしまった。
 それでも、良く伸びて4着。
 ただ、長い直線でふらつく場面があり、直線短い方が良いかと考えた。
 叩いて、そのような条件に出走してくるのだから、これはアタマで買いたい。
 ◎ゴールドハット
 単勝

  • 明日の重賞(新潟11Rー新潟2歳ステークス)

 今日のバイタルフォースの2着を見ると、大野Jはムスコローソも出し損ねる懸念がある。
 コチラは、新潟2歳ステークスの好走条件にハマっているだけで、バイタルフォースほどの“絶対感”はない。
 掲示板を外すことだって、高い確率でありうると思う。
 ならば、出遅れて上がり最速を使った、プレトリアを買ってみたい。
 間隔を開けて、状態の上積み大きいようだ。
 ◎プレトリア
 単勝

  • その他

 小倉8Rー◎クールゼファー
  降級(休養)前に、上のクラスで“先週の結果分析”タイムランクAの1/2馬身差2着。
  スピードは折り紙付きで、状態整っていれば、ダ1000mへの距離短縮は支障ないハズ。
  単勝
 新潟9Rー○ショウナンアンセム
  外をぶん回すしか能がない馬なので、ここは合っているかと。
  勝利は、好走の延長線上。
  複勝

約束された、勝利の末脚(でも、乗り替わりアリ)。

  • 明日の狙い(新潟9R)

 バイタルフォースは、前回、デムーロは騎乗。
 鞍上が得意の内を捌いての圧勝、しかも最後押さえる余裕はあった。
 乗り替わりはマイナス材料も、引き続き長い脚を行かせる新潟へ参戦。
 相手関係から、昇級も苦なく馬券圏内と踏む。
 ○バイタルフォース

  • その他

 小倉9Rー◎レグルドール
  新馬勝ちが”九州産限定”でないし、普通のOPで勝っているし。
  単勝
 新潟1Rー○スターフィールド
  休養前に、“先週の結果分析”タイムランクAの1 3/4++?+6馬身差4着がある。
  当時、新馬勝ちレベル。
  間隔開いたが、ここは馬圏内の見立て。
  複勝
 札幌12Rー○リヴァイアサン
  決め手あるけれど。“ソラを使う”病なので。
  勝利は好走の延長線、って馬。
  複勝

今日も,モレイラ狙い。

 モレイラを乗せても、2着の競馬になってしまうのは、クィーンズベストの性なんだろうなぁ。

  • 明日の狙い(札幌8R)

 アドヴェントスは、1000万下(牝馬限定戦)で、2度の掲示板実績がある降級馬。
 休み明けにいきなり走ってくるタイプで、鞍上にモレイラを配してきた。
 勝ち負けと踏んだ。
 ◎アドヴェント
 単勝

 このレースは、夏休み最後の日曜にかかるため、あまり予想してないから、勝手わかりにくい。
 ヤマカツエースは、大阪杯3着後、休養を十分挟んでの参戦。
 この3着は、強力メンバーを相手にしてのものだった。
 元より、芝2000mは大得意。
 相手関係軽くなる分、また内の方のゲートを取れた分、今回は勝ち負けになる。
 ◎ヤマカツエース
 単勝

  • その他

 小倉10Rー◎タニノアーバンシー
  一貫した流れしか出来ない馬で、前走の大逃げを捕まえ損なったのは、ある意味仕方ない。
  そう言うことなければ、勝てると思う。
  単勝
 小倉12Rー○ミキノトランペット
  初の左回りだった前走、1コーナーで外に振られ、4コーナーでも大外を回すロスあった。
  馬体重減が嫌われる材料なら、ここは“馬券圏内”と見立て、買ってみる手。
  複勝