さらに、和田Jの奮起を(秋華賞を勝って、オペラオーに会おう)

 ムーンレイカーは、画に描いたように一旦先頭から止まってしまった。
 当面は“有力な2着候補”で、好走の延長線に諸入りがあるタイプと再確認した。

  • 明日の狙い(京都12R)

 降級馬の、ジープルメリア
 前走でこのクラスを2着。
 休養明け初戦の戦績は(2100)で、仕上がりも良好とのこと。
 いきなり圏内と判断した。。
 複勝

 スプリンターズステークスでは、レッツゴードンキ単勝、“リスク分散”した気になってレッドファルクスからの馬連(相手はレッツゴードンキではない)の馬券として、見事に抜けた中の人である。
 しかーし、懲りずに同じ戦法を取るのであった。
 上がりの脚一辺倒でも、ラビットランを頭で買いたい。
 閉まったペースに助けられたとも言えるローズステークスだったが、それでもパンパンの良とはいえ、阪神競馬賞で上がり33秒台を記録する脚は出色。
 “人気になれば、前で競馬するかも”との論もあるが、和田竜二Jはその辺は構えて乗れるタイプだろう。
 こう言うところで、テイエムオペラオーに乗り続けた経験が生きると考えている。
 そのペースを演出したディープインパクト産駒、カワキタエンカもそそるところあるが、鞍上が横山典弘Jから北村友一Jに乗り替わるのはマイナス。
 その上、前で競馬する有力馬アエロリッが横山J騎乗なのでから、手の内見られているようで、更に悪い。
 ◎ラビットラン
 単勝

 馬連の軸としては、安定感でリスグラシュー
 色々と頓挫している馬もいる中、この馬は秋初戦から好気配。武豊が“上手いことやる”予感プンプンする。
 思い起こせば“いかにもトライアルだった”を思わせる節もあり、
 相手は、ディアドラ。
 紫苑ステークスは外捲っての勝利で、見た目以上の強さある。
 ルメールが、一発仕掛けてハマって来れば、頭まであり得る印象だ。
 何処でも欠かれていることだが、師恩ステークスが重賞になって以降、この組は軽視できない。
 馬連リスグラシュー-ディアドラ

  • その他

 京都6Rー◎アドマイヤムテキ
  叩いて良くなる、中尾系。
  単勝
 新潟12Rー○ショウナンサスケ
  前走は、直線で行き場を失い、追えずの5着。
  ノーカンと考えて良く、ここは当然の巻き返し・圏内を期待。
  複勝

期待は、ダート馬。

  • 明日の狙い(東京9R)

 ルヴァンスレーヴの前走は、(テンション高かったためわざと)出遅れ、捲って勝利。
 それでも、“先週の結果分析”タイムタンクB評価の内容だった。
 ここは、素直に勝ち負けである。
 メンバー構成も楽だろう。
 単勝

  • その他

 京都3Rー○ムーンレイカー
  前走は、“先週の結果分析”タイムランクBのクビ差2着。
  連続の2着も内容は上向いている。
  だが、何となく“前をいつも交わせない病”にかかっている気もするので、単勝は避けたい気分である。
  複勝
 東京7Rー○シャドウブリランテ
  5ヶ月前の前走で、“先週の結果分析”タイムラックA勝ち。
  勝負所から馬なり進出して、最後まで追われることなく6馬身差の完勝だった。
  休養明け所詮ダどうかだが、陣営は“走るタイプ”と言っているので、それを信用。
  複勝
 東京10Rー○ビップライブリー
  くらず上位の能力あるが、起用だが決め手に欠く印象。
  ズバリ、東京芝1400mは得意ではないと見ている。
  それでも馬券圏内には、ってこと。
  複勝

短距離GIは、またもドンキ単で。

 ヘンリーバローズは、少頭数だし,練習にもならないから、兎に角勝ちに行った印象。
 ヴァイザーは、間を割るの不得手な戸崎圭太が出たってところだろう。
 また、不利を受けやすいタイプでもあるかと。

  • 明日の狙い阪神12R)

 タイセイシルバーは、“先週の結果分析”タイムランクA勝ち。
 昇級即、通用してくるかと。
 複勝

 レッツゴードンキは、当ブログ今年の高松宮記念で本命=2着。
 昨年の当レースは9着だったが、コレは僅差。
 内枠はいいと思われるので、あとは岩田康誠の捌きに期待。
 抜けた力量の馬はいないと思われるので、そういうところや“運”が勝負を決すると思う。
 ◎レッツゴードンキ
 単勝

 馬連の軸としては、休み明けでも走るレッドファルクスが安心。
 使い詰めだが、スプリンターズステークスは“夏の勢いを持ち込む”場合もある。
 相手としては、そのダイアナヘイローだ。
 調教師はここまでは色気なかったようだが、周りに促されてと聞く。
 そー言うのは、案外“当たる”ものだ。
 単勝と違う買い目だが、混戦だし“これでいいのだ”。
 馬連、ダイアナヘイロー-レッドファルクス

  • その他

 中山2Rー○ニシノマメフク
  超スローな逃げをうったのが低評価の原因と思うが、コントロールした田辺裕信が引き続き騎乗。
  オーナーの、スペシャルウィークの産駒は性能高い論が当たるといいな。
  複勝
 中山9Rー○ウインマディッシュ
  スローだったとはいえ、このコースを初秋の2歳馬が34.9で上がってくれば、優秀ちゃん。
  出遅れがクセでないかは、気になるところだが。
  人気薄なのは、きっとタイムパラドクス産駒だからだろう。
  前走は、運良く馬群が割れたところを抜けての2着。
  複勝

  ここは、ここまでのパフォーマンスの違いで、エネイブル。
  サトノダイヤモンドなどのディープインパクト産駒は、欧州の重い馬場は合わないだろう。
  そこは、ゴールドシップ系の方が合っているハズ。
  ということで、馬券的にはスルーである。
  ◎エネイブル
  単勝

素直に日刊競馬POG指名馬、ヘンリーバローズを。

  • 明日の狙い阪神3R)

 満を持して勝ちに行った前走だったが、ヘンリーバローズは差し脚で敗れ2着。
 とは言え、上がり3Fを32.8、3着以下を5馬身差。
 その3着以下が振るっていない馬多いことは気になるが、ここはアタマ候補。
 人気になっているが、我が日刊競馬POG指名馬でもあり、そろそろ勝って欲しいところでもある。
 わざわざ、ミルコ・デムーロに乗り替わるほどではないとおもうんだが...
 ◎ヘンリーバローズ
 単勝

  • その他

 阪神9Rー○レディバード
  そつなさで、昇級即通用してくるとのことで。
  複勝
 中山8Rー○マイネルネッツ
  勝ちに動いた分の2着なので、前走の丹内騎手の乗り方で乗り替わりは、気の毒かも知れぬ。
  まァ、ここで強く勝ちたいと思うのは、陣営の期待の表れと解釈。
  ただ、前走の敬意もあるので...
  複勝
 中山9Rー○ヴァイザー
  生きたがったりするので、前半が速きなりがちな中山1200mで巻き返してくるかも、と。
  複勝
  

競馬センスいい、ヴァンジェンス。

 阪神の11, 12Rとミルコ・デムーロ騎乗の一本被りの馬に単勝だったが、冷や汗もの。
 決してゲートが上手い馬ではないが、鞍上も上手くはない。
 そのため、ジョアンの位置取り悪くなってしまった。
 勝ったけれど、ねえ...

  • 明日の狙い阪神12R)

 ヴァンジェンスの前走は、スローペースを我慢して追走。
 アッサリ抜け出してのモノ。
 余録十分で、昇級圏内脳永久と思わされた。
 降級馬のソーディヴァイングが人気と思うが、クラス上がってから休み明けが今ひとつ。
 ならば、人気がないコチラを。 
 ○ヴァンジェンス
 複勝

 行かないと持ち味が出ないことハッキリしている、マイスタイル。
 たぶん、メイチのハズで、ダービー4着は、ここで2番目の着。
 鞍上が、ローズステークスで逃げて残しているため、周囲の警戒はあると思っての、弱気の馬券。
 ○マイスタイル
 複勝

  • その他

 阪神7Rー○ゴールドハット
  前走は、運良く馬群が割れたところを抜けての2着。
  だが、今回は、“割れる”デムーロに乗り替わり。
  シラユリステークスでこの馬より上で入線した馬は、結果的に好素材だった。
  有力の意味での、複勝
 中山9Rー○トゥザフロンティア
  期待の繁殖+期待の新進種牡馬の血統で、“勝ってもらわないと困る”んだろうけれど。
  この繁殖が期待できるのなら、金子さんが持つと思うのだ。
  頭数手頃になったので、圏内の見積もり。
  複勝