読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜花賞の本命を再度指名なのだ。

 ダイワキャグニー、勝つには勝ったが、ふらついたり内に突っ込んだり、御しがたいところを見せてくれた (´・ω・`)
 ちゃんと走るのは、かなり先になるのだろう。
明日の狙い(京都10R)
 オールマンリバーは毎度力がある“らしい”所はみせるものの、勝ちきれない。
 そういう+αがないと勝ちきれない馬は、頭を避けるに限る。
 ○オールマンリバー
 複勝
明日の重賞(東京11RーNHKマイルカップ
 まさか、桜花賞で打った自分の本命がここで役立つとは思わなかった。
 カラクレナイは、マイル前後でいい脚をを使えるタイプ。
 桜花賞4着の看板は、このメンバー構成なら大威張りの実績だ。
 問題は、ゴールデンウィーク帰省ラッシュに当たってしまう東上(しかも初)がどう出るか?だ。
 ◎カラクレナイ
 単勝

 ことしのスプリングステークスのレベルで10着だと、普通、ここでは悲観的になってしまう。
 ただ、モンドキャンノに関しては、距離が長かったであろうことが想像され、巻き返してくるならココか。
 高かったとは言えない、朝日杯フューチュリティステークスではあるが、そこで2着は、一応マイルの実績。
 カラクレナイの相手候補として、相応しいと考えた。
 馬連モンドキャンノーカラクレナイ

  • その他

 京都6Rー◎グラップユアコート
  約一年ぶりの前走で、“先週の結果分析”タイムランクBの1 1/4馬身差2着。
  かつての実績から、二走ボケがないかぎり、叩いた今回はだいたい勝てるかと。
  単勝。 
 東京5Rー○ブライトンロック
  前走は、“先週の結果分析”タイムランクの1 1/2+3/4+3/4馬身差4着。
  好位から上手に立ち回ったが、高レベルのレースで着順落とした。
  距離短縮もプラス。
  オーサムバローズが、他では有力。
  決して弱くないメンバーがいるので、頭とは書きにくい。
  複勝