読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンヨーアミーコで、ハッピーエンド。

 あまり当てにすることない“競馬コンシェルジュ”の辻三蔵氏の能書きだが、内枠を引いたくせ者揃いの中、吉田隼人が上手く立ち回れるのか?との疑問、確かに走かも知れないと思った。

  • 明日の狙い(中山11R)

 前走のナンヨーアミーコ。
 前が邪魔で、残り300mで追い出しを待たされた。
 伸びては来たが、勝ち馬を残してしまい、あとの祭りの2着。
 ここは捲土重来、勝利を狙える。
 ◎ナンヨーアミーコ
 単勝

 またもキタサンブラックは、1枠1番を引いた。
 馬場が荒れてたこの時期は不利、との見立ては、ジャパンカップのコース取りから払拭できる。
 湿った感じが芝に残る利そうなところは、この馬には向く印象。
 逆に、サトノダイヤモンドは、良くないのではないだろうか?
 ◎キタサンブラック
 単勝

  • 明日の重賞その弐(中山9R-ホープルステークス)

 レイデオロの前走500万下特別勝ち、末脚が素晴らしかった。
 頭数揃う分、ごちゃつきなどあろうが、それが発揮されること確実。
 連対圏の器である。
 複勝

  • その他

 阪神11R-○ロードヴァンドール
  前走の唸るような追走は、昇級初戦で3歳牡馬が55kg背負わされるだけのものと考える。
  背負っているだけに勝てると言いかねるが、上位の評価だ。
  ○ロードヴァンドール
  複勝。