読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勝てそうにない、シングンガガ...

 “狙い”のエンヴァールは、川田が文句のつけようなく捌いてくれた。
 これは、馬の力がそのまま出て勝利。
 ただ、ほかは、おいらの目が節穴だったかなあと。

  • 明日の狙い(新潟2R)

 二ヶ月半休養明けで3着だった、シングンガガ。
 叩いての上積み見込んで勝ち負けを期待したいところ。
 だが、休養前を振り返ると、勝ち切るには微妙に決め手が足りない。
 この時点での勝利馬にはきつい表現だが、能力認めるものの、勝利は好走の延長線上。
 運があれば、のハナシだ。
 ○シングンガガ
 複勝

 モーリスが出走してくるが、ここが目標でない上に、折からの台風などの影響で、札幌の芝は馬場が傷んできた。
 ドゥラメンテの二の舞は避けたいハズで、“モーリスを倒すのは誰?”のテーマが生きてくる舞台と思われたが、実績馬はこのところ調子落ち。
 かと言って、これから上昇する期待できる馬もいないメンバー構成。
 モーリスが押し上げられての一番人気も、それを単で買う度胸はない。
 ○モーリス
 複勝

  • その他

 新潟11R-○ワディ
  昇級初戦の前走は、やや速めのペースを好位で先行し、早めに勝負をつけようと動き差されて4着。
  能力は見せており、なんら評価下げる必要ない。
  これでハンデ52kgは、裸同然とも言える。
  軽過ぎちゃって怖い。
  複勝
 札幌5R-○アルトリウス
  乗り込み十分ってことで。
  ただ、藤沢和雄厩舎が新馬初戦で勝つことは少なく、取り敢えず馬券圏内が無難。
  勝てば、“札幌2歳ステークスで一考”まであるでしょう。
  複勝