読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全部雪のせいだ。

 うーむ。
 カジキは、逃げるペースに巻き込まれて“ああなる”可能性があることは覚悟していた。
 リッカルドの方は、他の馬と脚色同じになってしまうとは...これは、想定外だった。
 全部雪のせいだ、である。
 (リッカルドは関東馬なので、この愚痴は真に受けないよーに)

  • 明日の狙い(中山7R)

 プレシャスエースは、前走が初ダート。
 このレースと同じコースで“先週の結果分析”タイムランクA勝ちだった。
 500万下でもタイムランクB相当で駆けており、同じだけ走ってくれれば勝てるハズだ。
 ◎プレシャスエース
 単勝

 ロワジャルダンの前走GIは、重賞勝ちがフロックでなく、ここでも通用することを示した一戦。
 ここは勝って、GIへと言うよりも、地方交流重賞への参戦権を確保するためにも、賞金を加算しておきたい。
 心情的には、モンドクラッセが“ここで答えを出す”ことを期待したいところだが...
 ダート重賞は、そんなに甘いものぢゃあない。
 ○ロワジャルダン
 複勝

  • その他

 京都3R(牝)-○アリノマンボ
  この馬、見ていて揉まれ弱い印象。
  だとすると、内枠で凡走する傾向の説明がつく。
  今回は、大外枠の牝馬限定戦。
  願ったり叶ったりの枠で相手が軽いのだ。
  好走条件だろう。
  複勝
 中京7R-◎エッジクリフ
  この馬は、“四歳未勝利”だ。
  んが、二走前の夏に“先週の結果分析”タイムランクAの3/4馬身差2着がある。
  地方で叩いての上積みも加え、ここなら勝ちきれる可能性に賭けたい。
  単勝