読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

枠順でリアファルを避ける。

 好位につけるのは想定内だったが、フルーキーは思いのほか終いの脚がなかった。
 まだ、重賞は荷が重いのか??

  • 明日の狙い(新潟1R)

 タイセイラルーナは、前走が“先週の結果分析”タイムランクAのアタマ差2着。
 ダート短距離なら確勝と思われ、更に新潟に使ってきた。
 必勝態勢だろう。
 ◎タイセイラルーナ
 単勝

 菊花賞はリアファルかスティーグリッツと決めていたのである。
 できれば、神戸新聞杯好走のリアファルを買いたかったのだが、外の枠を引いた。
 行く馬が外の枠など、嫌がさせ以外の何でもないので、消極的にスティーグリッツを。
 秋華賞に続き、“このような選択は外れる”と、三次元の嫁さまになじられているが。
 ○スティーグリッツ
 複勝

  • その他

 京都9R-○エポック
  デピュティプライムのスピードは天下一品だと思うのだが、芝スタートがイマイチの印象。
  つまり、何故、京都ダート1400mを使ってきたのかと。
  エポックの前走は、外枠が祟ってまくる競馬でコースロス。
  それでも2着に来ているのだから、能力は高い。
  ここで推しておきたい。
  複勝
 東京10R-○シュンドルボン
  東京なら上位。
  ネオリアリズムが人気しそうだが、ネオユニヴァース産駒が洋芝で連勝して来ただけ。
  “だけ”と書いては悪いのかもと思うが、東京の芝には合ってないだろう。
  複勝