読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう一丁イケる、アンタラジー。

 平安ステークスのナムラビクターは、出負けこそしなかったが、回りの馬の動きで位置取りを悪くしてしまった。
 その分さえない走りとなっていたが、ソレがなくてもインカンテーションには届いたかどうか?
 そろそろ、見切るべき時期が来たのやも知れぬ。

  • 明日の狙い(東京6R)

 前走は、最後方から大外を回し差し切って、“先週の結果分析”タイムランクA勝ち。
 しかも、これは、フルゲートでのもの。
 昇級も自己条件、しかも11頭立ての少頭数で再び同じ舞台なら、確勝級かと。
 ◎アンタラジー
 単勝

 内枠で前を取れる馬となると、レッツゴードンキしかいないんである。
 混戦模様になれば、内枠で好位が取れる馬優位のデータは生きてくるはずで、馬券圏内は外さないかと。
 ダート短距離の馬だった母マルトクに嫌気をさす向きもあろうが、この条件で牝馬がかなりの高額条件でも奮戦できたのは、相当に能力は高かったと思うのだ。
 それだけに、これで嫌うのは“なし”と思いたい。
 ○レッツゴードンキ
 複勝

  • その他

 東京3R-○ラインフェルス
  前走は、“先週の結果分析”タイムランクB相当で走って2着。
  3着馬には、3 1/2馬身つけていた。
  普通に走ってくれば、連絡み濃厚だ。
  複勝
 新潟7R-○イントロダクション
  東京向きなので、新潟でも大丈夫だろう(適当
  再び好走可能。
  複勝