読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今度こそ、キープインタッチ。

  • 明日の狙い阪神10R)

 前々走は、逃げ馬を一頭残してしまっての二着。
 前走は、人気薄の馬に蹴手繰りを食らっての二着。
 キープインタッチは、このところ不運がつきまとっているが、頭を狙える馬だ。
 満を持しての西下。
 ここを狙わずして、いつ狙う?
 ◎キープインタッチ
 単勝

 もとより、スローペースになりがちな重賞。
 そこに、どう考えても速くなりそうもないメンバーが揃った。
 なら、そのような展開が得意な、アンビシャス。
 ディープインパクト産駒でもあるので、このコースは得意だろう。
 日刊競馬POGで持っているアッシュゴールドは、まだ競馬が幼すぎるし,ハイペース指向である。
 ここは遠慮しておく。
 ○アンビシャス
 複勝

  • その他

 中山6R-○モンサンビアンカ
  前々走、“先週の結果分析”タイムランクA勝ち。
  ダート1200mベストと評されており、前走の1400mはスイートスポットを外しての5着も価値は高い。
  所謂ホームへ帰ってのレース、ここは狙える。
  複勝
 中京10R-○ラウレアブルーム
  前走から馬具に工夫をして来て、“先週の結果分析”タイムランクA勝ち。
  重い馬場が得意で、相手なりに走るキャラ。
  間隔を詰めては来たが、ここは狙い目かと。
  複勝