読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんちゅうか本中華。

 金鯱賞のエアソミュールは、狙い澄まして出てきた分、武豊らしくなく勝ちを急いだ印象が。
 微妙に距離が長いとか,コース形態の関係で、使う脚がなかったのかも知れない。
 だから、競馬は難しいんだな。

  • 明日の狙い(中山7R)

 内の枠にいた馬に逃げられて、控える形となった前走は、これが仇。
 最後止まったことからも、距離はダート1400mでは若干長い印象だ。
 これらを解決した枠と馬番なのだから、馬券圏内有力。
 前々走の、先週の結果分析“ライムランクA”相当の二着が、モノを言うかと。
 ○メジャーフォルム
 複勝

 実力はコパノリッキーなんだろうが、差し有利っぽい中京ダートと外の枠を引いた点が難儀である。
 ならば、差しに回って味が出る、ナムラビクターを押さえたい。
 ○ナムラビクター
 複勝

  • その他

 阪神10R-メイショウイチオシ
  前走の勝鞍から、昇級しても通用しそうだと判断。
  鞍上が武幸四郎だから、半信半疑ではあるのだが。
  複勝
 阪神11R-○サトノルパン
  ディープインパクト産駒なのに、芝1400mという変態な距離が得意。
  マイルでも控えたらかかるくらいなので、行かせる和田に手が変わるのもいいカモ。
  複勝