読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いきなりでも、このメンバーなら...

明日の狙い阪神10R)
 サンマルティンは、二走前に阪神で4着に敗れている。
 が、これは、コースが合わなかったのではなく、ルメールが仕掛けるタイミングを違えたと思う。
 ペース緩めなければ、そこそこ走れタイプ。
 少頭数なら、流れが思うようにならない可能性、低いだろう。
 ○サンマルティン
 複勝

  • その他

 阪神7R-○タイセイブルグ
  13ヶ月半休と、非常に間隔空いたが、戦ってきた開いて考慮すれば、いきなり好走も驚かぬ。
  複勝
 阪神9R-○ピンストライプ
  ハンデ背負ってしまったから、頭とは言いがたい。
  が、休養前の前走、スタートで煽ったことが敗因だろう。
  終いに披露した脚を考慮すれば、依然、上位かと。
  複勝
 阪神12R-○サウスオブボーダー
  ひと息入れた前走、“大名マーク”から抜け出しての完勝は、鮮やかだった。
  昇級即通用の予感。
  複勝
 

「騎手人生が変わってもいいくらいの気持ちで」

 って言うのは、津村騎手、力入りすぎぢゃあないかなぁ?
 カフジテイクって、マイルに距離延長してプラスではないでしょう。
 もっと気楽に乗っていいのではないかと。
 グランドシチーとか上手いこと乗っていたのは、みんな知っていると思う。
明日の狙い(東京9R)
 “死んだ種牡馬の子は走る”ってのは、フェブラリーステークスでなく、ここだろう!
 力一枚抜けていると踏んでいる。
 ◎エピカリス
 単勝

 ひとつは、ここ(東京ダート1600m)、コース巧者でないと勝てない。
 また、多くの場合、勝ち馬は中団以上にいて、残せる力がある馬だ。
 フタを開けるまで“穴”と考えていたが、意外と人気なゴールドドリーム
 頭で来るなら、コレと考えた。
 まぁ、勝ったり,負けたり,負けたりのメンバーなので、混戦なんだが。
 ◎ゴールドドリーム
 単勝

 やはり、比較的前で競馬出来るベストウォーリアを相手に。
 コイツは突き抜けるイメージ湧きにくいが、堅実に走ってくる。
 この企画の主旨は、奥さんの“高い配当が的中するところ見たい”との希望に拠るものなので、こんなところで最初は。
 馬連ゴールドドリームベストウォーリア

  • その他

 京都6R-○アスタースウィング
  結構前に行って力出すタイプなので、前が残りやすい京都ダートは絶好かと。
  複勝
 東京8R-○ストレンジクォーク
  前走は、重馬場が合わなかったとしか考えられぬ内容。
  最後は流していたし、ノーカウントで、改めて期待。
  複勝

能力上位、ワントゥワン。

  • 明日の狙い(京都9R)

 ワントゥワンは、前走、前の馬がふらついた煽りを受け、追い出しが遅れての2着。
 不利なければ勝てていたかは微妙だが、僅差に詰め寄れたであろうと考える。
 今回のメンバーなら、それに近い程度走れば、勝てると踏んだ。
 ◎ワントゥワン
 単勝

  • その他

 京都10R-○ゼンノサーベイヤー
  前走は、ゲートが悪かったのが全て。
  普通に出れば、馬券圏内の力ある。
  ゴルゴバローズとの人気の差を見れば、コチラに妙味アリだろう。
  複勝
 東京5R-◎パルフェクォーツ
  前走は流れの助け合ったとの評だが、ここに入れば、力は上。
  何せ、前走は“先週の結果分析”タイムランクAの1/2馬身差2着。
  デビュー戦もタイムランクBの2着しており、高レベルレースでも好走出来る器。
  鞍上ムーアの助けもあって...
  単勝
 小倉11R-○エポック
  この馬、ダート1700mがベストと思っているので、小倉への転戦は初見参でもプラスかと。
  複勝
  

簡単でスマン。

済まぬ。ノーガキ書いてる時間無いので。
京都11R(きさらぎ賞)サトノアーサー 複勝
東京7R ナンヨーアミーコ 複勝
東京9R ラヴィエベール 複勝
東京11R(東京新聞杯エアスピネル 複勝

クールゼファー、断然。

 うーみゅ。このところ回収率悪く、苦戦している中の人である。
 こんばんは。

  • 明日の狙い(京都8R)

 クールゼファーは、前走“先週の結果分析”タイムランクBの2 1/2馬身差2着。
 と言うより、相手が強すぎての敗退であって、今回は勝機。
 ただ、この投稿時点のオッズから推して、単勝を買うメリットがない。
 ○クールゼファー
 複勝

  • その他

 京都1R-○オーサムバローズ
  前走は、“先週の結果分析”タイムランクBの5馬身差2着。
  勝ち馬に突き放されたが、しっかり伸びている。
  人気ほど“勝利に近い”をは考えないが、依然、馬券圏内の見立てである。
 京都4R-○サウスオブボーダー
  前走は、強い勝ち馬と競って垂れての4着だから、全く悲観する必要ない。
  引き続き上位。
  複勝
 京都9R-○サトノケンシロウ
  5ヶ月休明けではあるが、前走の勝ちっぷりからクラス上位であること明らか。
  複勝